なぜ今カーリースがオススメなのか

資金管理の重要性について

ソフトバンクの孫さんはこう話しています。

「会社が倒産するかしないかはその会社が’資金管理”が出来ているかが最重要」

当たり前の話ですが、孫さんが言うと説得力がありますね。

つまり、家計のやりくりも資金管理が最重要と言えるでしょう。

自動車の「現金払い、ローン、リース」の選択について

ホリエモンこと堀江貴文さんは、こう言い放ちます。

※振り切ってる人です、ご容赦ください

「自動車を現金で買うやつはバカ」

バカ!?笑  なんだコノヤロ!と言いたくなりますが、

自分の持っている資金の何%までを一度に出しても許容できるのかを把握して、

その%を越える支出は一度には出さないべきだ、資金は手元に残して別なことに回せ、という話と、

自動車ローンの金利は自動車が担保になっている(所有権がローン会社につく)ので他よりも低金利に設定されているから進んで利用すべきだ、

一度にキャッシュが出てしまうほうがリスクだという話です。

では、

 一度に許容できる支出は何%までが目安となるのでしょう?

資金管理のプロ。投資家のPaul さんは、一度に許容できる損益は資産の最大3%までだと言っています。

これに当てはめると、現金一括払いで150万円までの支出を許容する場合、5000万円程の資産(株や不動産等含む)があると安心できると言えるでしょう。

野村総合研究所によると、5000万円以上の資産を持つ家庭は大体13世帯につき1世帯(全国)とあります。

なるほど、これでようやくホリエモンの言っていることが見えてきました。

150万円程の「現金を一括払いすること」のハードルの高さが伺えます。

オリックスの個人向けリース

「いまのりセブン」「いまのりナイン」 のご紹介

さて、資金管理をするにあたり2つの重要なすべき事があります。

目先の出費を節約する」ことと、

お金が貯まる仕組みを作る」ことです。

月々の支出を管理しやすくして、計画的にお金を貯めたり、浪費を投資に充てる仕組みを作るということです。

リースにすると毎年の自動車税や車検時にかかる重量税や自賠責保険がコミコミで月々定額払い

クレジット・ローンでは税金や自賠責保険は法律でコミコミにはできません。リースだから出来る特権です。

しかもリース期間の車検とオイル交換等のメンテナンスが無料クーポンにて受けられます。

車両コストは基本的に、リース代+燃料代+駐車場代だけ

・車両にかかる費用が簡単に把握できます。

・旅行の計画や、(貯金や投資等に充てる)予算が立てやすくなります。

リース満了2年前からはいつでも車両の返却や、乗換えが出来るので結婚やご出産、

退職等による車種変更がライフプランに合わせて柔軟に対応出来ることも魅力でしょう。

さらに、このリース。

残価設定型じゃないんです。

リース期間満了時は残価の清算することなく車両は自分のモノになるので

残価精算のご心配はいりません。

さすがリースNo.1のオリックスです。

こちらは、オリックス個人向けカーリース「いまのり」について詳しく書かれているサイトです。

>>【一番人気】オリックスカーリースのレビュー【初めての方におすすめ】

ダイハツ、リースならコンドウ自動車(三沢市)のいまのりセブン!

オリックスの個人向けカーリース「いまのり」シリーズ。

資金管理とカーリースはかなり相性が良いです。

今どきの賢い乗り方だと思います。最近、個人向けカーリースで、残価設定ではないリースをお探しの方が増えてきています。

オリックス自動車 亀井社長(前列真ん中)がご来店された時の写真

現在、個人向けリース利用者は全国的にも急増していて、
オリックスも力を入れて取り組んでいるそうです。

コンドウ自動車は自信を持ってオリックスの個人向けカーリース「いまのり7」「いまのり9」をオススメいたします。

ダイハツ 個人向けリース は三沢市のオリックスビジネスパートナーの

コンドウ自動車まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しいお問い合わせはお電話または以下ページよりお願いいたします。

お問い合わせ

オリックス個人向けカーリース『いまのりナイン」「いまのりセブン」について詳しくはこちらのサイトに詳しく書かれていますのでご参考にしてください。

>>いまのりナイン・いまのりセブンについてもっと詳しく見る